意外と悩みの種の顔のうぶげ!どうやって処理すればいいの?

顔のうぶげって、意外と悩みの種になっているんですよね。
セルフケアしなくちゃいけないなぁと思いながらもなかなかケアできないこともあるかもしれません。
顔は一番に目に入るところですし、お肌も敏感なのでケアするにもお悩みや疑問がたくさんです。

 

・顔のうぶげってどうやって処理するのがいいの?
・うぶげって剃ったりしたら濃くなるんじゃ?
・顔のうぶげって処理する必要はあるの?
・どのくらいの頻度で処理してあげなくちゃいけないの?

 

女性のムダ毛処理には悩みはつきものです!
こうした悩みについて情報を収集し、まとめたのでぜひ参考にしてくださいね!

 

 

顔のうぶげを処理するとどういうメリットがあるの?頻度は?

まず、顔のうぶげを処理することでどのようなメリットがあるのか?
処理をする必要がないくらいうぶげが薄い方でも、ケアしてあげることでたくさんのメリットがあります。
まず、化粧ノリがぐっと良くなります、ファンデーションがしっかり肌に密着するので、化粧ノリが改善されます。
化粧崩れ防止にもつながるので、お化粧直しの回数も減るでしょう。

 

そして、顔のうぶげを処理することで肌のトーンがワントーン明るくなることも分かっています。
くすみがちだった肌に透明感が生まれ、明るい印象を与えることが出来ます!

 

そして、毛穴に皮脂がつまることで出来てしまうニキビの予防にもつながります。
しっかりうぶげをケアしてあげましょう。

 

では、どのくらいの頻度でうぶげを処理すればいいのか?
うぶげが濃い方は1週間に1回程度、薄い方なら2週間か3週間に1度くらいが目安です。
あまり剃りすぎると肌の負担がかかるので、頻度を決めて行うといいでしょう。

 

 

顔のうぶげを剃ると濃くならない?

毛って、剃ると濃くなるイメージがありますよね。
では顔のうぶげを処理するにあたって注意すべきポイントを紹介します。

 

・うぶげを処理しても濃くならない

実は、顔のうぶげは処理しても濃くはありません。
顔のうぶげをカミソリなどで処理すると根元の太いところから新たな毛が生えてくることになるので
うぶげが濃くなった!という印象を受けますが実際には違うんです。
濃くなったり、太くなったりしたわけではないんですね。

 

・顔のうぶげ処理の注意ポイント

注意ポイントはいくつかありますが、顔のうぶげをカミソリなどで処理する場合、石鹸の泡では皮膚の保護にはならないということを留意しておく必要があります。
カミソリで顔を剃るなら、泡ではなく乳液やクリームで肌を保護して処理しましょう。
そして処理をした後にはしっかりと肌を保湿してあげましょう。処理後の肌は非常に敏感になっています。
シート状のマスクをして、肌にぴったりと保湿してあげるのもいいでしょう!

 

 

どういう方法で処理するのがオススメ?

カミソリなどでセルフケアをすることもできますが、どうしても肌トラブルが起きてしまうこともあります。
そうなると本末転倒ですよね。敏感肌の方の場合ではよりなおさら荒れやすくなってしまいます。
こういったトラブルでお悩みの方や、自己処理が面倒だなという方は「顔脱毛」を考えてみてもいいでしょう。

 

脱毛サロンで行われている顔脱毛は痛みも少なく、仕上がりも非常にキレイです。
多くの脱毛サロンでは、顔の脱毛のためのコースなども備えているのでいろいろと探してみると
あなたにぴったりの脱毛方法が見つかるでしょう!